株のことなら証券.in > 株券などの金融商品のひとつであるETFで「日本」を買う

株券などの金融商品のひとつであるETFで「日本」を買う

ETFってなんだろう

ETFとは株券、債券などの金融商品のひとつです。そして、ETFは証券取引市場で売買することができます。ETFの正式名称は、Exchange Traded Fundといって、「証券取引所で取引される投資信託」という意味です。

ETF

ETFとは、分かりやすくいえば「投資信託」です。投資信託は、ファンドと呼ばれる所にお金を預けて、投資の専門家であるファンドマネージャーに投資の運用を任せる金融商品。投資家ひとりひとりの資産には限界がありますが、大勢を集めてファンドにすると大きな額の投資ができるので、投資の幅が広がります。

ETFは上場されている

さて、ETFと投資信託にはひとつ大きな違いがあります。それはETFはが証券取引所に上場しているという点です。
投資信託を株券のように売買できるようにしたものが、ETFです。ETFはこのように証券取引所で扱える金融商品なので、投資にかかる費用は、投資信託よりも安価。しかも売買しやすい環境が整っています。
また、使用取引を利用して「売り」から投資を始めることもできるため、下落相場でも利益を出すことができます。

ETFのメリットを整理

ETFは、今まで投資家が待ち望んでいたといえる金融商品です。つまり、それだけ個人投資家を満足させているさまざまなメリットがあります。その一部を紹介しましょう。

1.投資信託に比べて取引過程がシンプル
2. 1日のうちにリアルタイムで価格が動く
3. 取引手数料が安い

投資信託の仕組み

投資信託に比べて取引過程がシンプル

ETFは、投資信託と非常によく似たものだと言われています。しかしこれは、似て非なるもの、とも言われており、取引の中身には大きな違いが沢山あります。
まず、ETFは投資信託より売買が簡単。取引の過程もとてもシンプルです。投資信託は銀行から証券会社、そして保険会社など、さまざまな販売会社を経由して証券を売買します。しかしETFならば、証券取引所に上場されているため、証券会社のみを経由して売買できます。

1日のうちにリアルタイムで価格が動く

取引価格の決め方も投資信託と異なります。投資信託の価格は、取引日の基準価額が決まっています。しかしETFの価格は、取引時間中なら株式のように変動しています。つまり、株の売買と同じように1日の取引時間中に利益を出すことができます。これは、1日ごとに価格が決まってしまっている投資信託とは異なり、むしろ株式に近いと言えます。もちろん、インターネット上で簡単に注文ができます。ETFの価格は株価と同じように刻々と変動しているのです。

投資信託よりも動きやすい

これは、取引の価格が1日ごとに決まってしまっている投資信託と比べても、とても動きやすく、注文も積極的に出せるというETFならではの取引方法。例えば、投資信託の場合は株式市場が大暴落をしてしまって、すぐに注文を出したとします。しかし、東京証券取引所ならば、午後3時まで値段が決まらないのです。思いもよらない値段で買わなければならなかったり、売らなければならなかったりすることもあります。ETFは即座に注文が出せるために、こうした場合にもすぐに対応できます。

ETFは取引手数料が安い

ETFを購入する時は、その時に取引価格以外にも販売手数料がさらにかかります。株式ならば、販売手数料だけなのですが、ETFではさらに信託報酬と言う手数料も必要。しかしETFは、この2種類の手数料が格安です。特にインターネット上で行うオンライントレードでは、ETFの取引手数料や信託報酬はかなり低い水準に設定されています
例えばETFを、あるネット証券会社で、定額プランで購入すると、50万円までの取引の場合は取引手数料が500円で済みます。これをネット証券会社ではない大手の証券会社の場合は6,800円。ネットでの取引がいかに格安であるかがお分かり頂けますね。

取引手数料「無料」の証券会社も

しかも、このオンライントレードによるETFの取引手数料は年々低下しています。 今では業界平均で購入価格の0.3%といわれています。さらに証券会社によってはETFの手数料を一部無料にしてしまっているところさえあります。なお、投資信託の場合の手数料は、購入金額の3%が標準です。
最終的にな売買益や取引のリスクを考えても、ETFは非常にメリットの多い、優秀な金融商品だと言うことができます。

株のことなら証券.in > 株券などの金融商品のひとつであるETFで「日本」を買う