株のことなら証券.in > 外国株とは?

外国株とは?

外国の株

外国株とは?日本以外の国でも証券取引場では株の取引が行われています。

規模が大きいのはアメリカの株式市場で、ついでヨーロッパ各国、中国、インド、タイ、シンガポールなどアジアの国々にもあります。このうち日本での人気が高いのはアメリカ、中国、インドの外国株です。

アメリカの「ニューヨーク証券取引所」「ナスダック」など聞いたことがある方もいるでしょう。これらに上場している株は、アメリカ株を扱っている日本の証券会社を通して買うことができます。

ただし、証券会社によって扱っている銘柄は異なりますので、上場されている全ての銘柄を買えるわけではありません。

また、売買手数料は日本とアメリカの両方でかかります。

外国株の説明画像

直接口座を開く

インターネットを使って海外の証券会社に直接口座を作って、そこで株を売買することもできます。

この場合、当然英語ができることが必要条件になります。
また、口座へ入金するため送金手数料がかかりますが、この日本から送金するときの手数料がかなり高いことがネックになります。
外国株を保有する画像

外国株を保有するということ

外国株のリスク日本の株以外に外国株を持つということは、資産を広く分散させて、資産全体の目減りを防ぐためには有効です。しかし外国の株に関する情報は日本のものと比べると非常に少なく、よい銘柄を探すことはとても難しいのです。また、情報の入ってくるタイミングも、本国に比べると遅いため、特に「売り」のタイミングを逃してしまいがちです。また、株そのものの価格変動リスクとともに為替リスクも存在します。

さらに、資本主義が行き渡っていない国では、会社の経営内容や財務状況などが適切に公開されていないこともあります。国の方針で経済や株式市場の状況がまったく変わってしまう可能性もあるのです。

為替リスク

為替リスク

日本円と海外通貨を交換する際に、そのときの為替レートによって、交換できる金額に変動があり、当初よりも少ない金額になってしまう可能性があります。このことを「為替リスク」と呼びます。
外国株と日本株

以上のように、外国株には日本株とは比較にならないほどのリスクが想定されます。そのことを念頭に入れた上で、「ゼロになってもかまわない」くらいの余裕のある資金で投資するのが賢明だといえそうです。

株のことなら証券.in > 外国株とは?