株のことなら証券.in > 現物取引手数料
現物取引手数料で比較する!現物取引にかかる手数料は証券会社によって異なります。取引を頻繁に行うデイトレーダーなら小額取引手数料が無料の証券会社がお得ですが、長期保有で大口運用をする投資家にとっては、小額取引と大差ない手数料の証券会社が適しています。自分の運用投資額に応じて現物取引手数料を見比べるのは証券会社選びの基本となります。頻繁に株式を取引する人ほど、手数料は無視できない存在。特に小額取引を繰り返すオンライントレーダーにとって手数料の安さが魅力。最近では、10万円以下の取引が無料だったり、ある程度の額までは500円程度しか手数料のかからない証券会社が増えています。自分の取引規模と提供サービス内容を照らし合わせながら、比較してみてはいかがでしょう。


株のことなら証券.in > 現物取引手数料