株のことなら証券.in > 株の投資情報はどこから仕入れる

株の投資情報はどこから仕入れる

昔は「会社四季報」「日経会社情報」が基本だった

基本的な企業に関する情報は、3月、6月、9月、12月に発行される『会社四季報』や『日経会社情報』などで見ることができます。これは、ちょっと大きな書店ならどこにでも置いてあります。一昔前は、投資家にとって必載の書でした。しかし、時代は変わりました。

今では、これらの情報は証券会社のホームページから得ることができます。口座開設者に最新版『会社四季報』の内容を無料で提供する証券会社も増えてきたのです。口座は無料でつくれます。だから、結局無料で『四季報』の情報がえられます。内容は本とまったく同じ。もちろん、本には「見やすい」「比較しやすい」「付箋や書き込みができる」などのメリットもあります。使い勝手は書物がまさりますが、ネットでの無料情報だけで十分でしょう。

掲示板サイトの情報には要注意

ネット上では様々な株式情報を得ることができます。特に多くの方が利用しているのはYahooファイナンスです。基本的な企業情報はもちろん、決算内容や、チャート、現在の株価(20分遅れなので注意)、業績発表や各ニュースなどをみることができます。初心者にとってはとても便利なサイトです。

中でも注意すべきは企業ごとに設置された掲示板。ここには個人の株式投資家が活発に意見を書き込んでいます。業績見通しやニュースなどの株式投資情報を丁寧に解説してくれる場合もあります。ただし、内容は玉石混淆。株の初心者は要注意です。特に意図的な株の『買いあおり』『売りあおり』といったことが頻繁に行われます。初心者はよくこれに一喜一憂してしまいますが、ほとんどの場合、情報内容に信憑性はありません。「この株は○○円まで上がる(下がる)」などというのも、ほぼ根拠はありません。ですから、掲示板情報の内容を株の売り買いの判断材料にするのは危険です。

知っている会社の株を買う、という選択肢

様々な情報を収集しながら自分が知らない会社の株を買うぶよりは「知っている会社を選ぶ」という選択肢もあります。身近にその会社があるのならば、知人に関係者がいて仕事内容などを教えてくれるかもしれません。全く知らない企業の情報を1から収集するより、企業価値を把握できます。

また、多くの人が欲しいと思っているモノや、利益を上げている会社をチェックしましょう。希少な特許を持っている会社にも注目すべきです。

経済ニュースに目を光らせなくても、銘柄探しのヒントは暮らしの中に溢れています。「この新商品はヒットするかも…」など、運命の株との出会いは日常生活の中にもありそうです。ただし、「この株を買いたい」と思いたったら「即、購入!」は急ぎすぎです。どんな業種でどのくらい利益を上げているのか等々情報を入手し、大切なお金を託す相手の素性をしっかり見極めることが大切です。

IR情報で企業概略を掴む

その企業の概略を把握するには「IR情報」が有効です。株式上場企業のHPには必ずと言っていいほどこのコーナーがあります。IRとはInvestor Relationsの略で「投資家向けの広報活動」という意味。経営者のコメントや新製品の紹介、業績予想などを株投資のための基本情報を大づかみするにはかなり便利。「私たちはこんな活動をしています」「こういう経営状態です」という企業活動や業績の紹介など様々な投資情報がつかめます。

「決算書」とは企業の「成績表」

株式を買うなら、少しずつでも成長している企業のそれが望ましいはずです。その企業が成長しているかどうかは、いわゆる「決算書」を見て判断できます。決算書とは、その企業における一定期間の売上高や利益額などを示した財務諸表のことです。すべての上場企業は1年ごとに事業計画を立てていて、財務諸表を作成・開示することが法律で義務付けられています。財務諸表には、事業の損失と利益の詳細を示す「損益計算書」、企業の資産や負債の状態を示す「貸借対照表」、現金の流れを示す「キャッシュフロー計算書」などがあります。これら財務諸表を網羅した「有価証券報告書」や「決算短信」などの資料は企業のウェブサイトまたは金融庁や証券取引所のウェブサイトで閲覧できます。株の購入には欠かせない情報のひとつです。

株のことなら証券.in > 株の投資情報はどこから仕入れる