株のことなら証券.in > 株主総会に出席しよう

株主総会に出席しよう

株主総会は、企業の最高決定機関なのだ!

毎年6月が3月期決算企業の株主総会ラッシュです。ニュース報道などで話題の企業の株主総会の模様が伝えられることも多くなります。では、この株主総会とはいったい何なのでしょう?
実は、この株主総会こそ、株式会社にとっては最高の意思決定機関なのです。
順番に説明しましょう。まず、企業は決算発表を終えると、自社の株式を保有している投資家の元に総会のお知らせを送ります。その中には「議決権行使書」というハガキが入っているはずです。出席できない場合は、そのハガキに賛否を記入して返送するだけで、議決権を行使することが出来る仕組みです。議決権とは参加して「意思決定に参加する権利」のことです。

株主への配当も総会で決まる

株主総会とはまず、株主を構成員として、定款の変更、取締役・監査役の選任、会社の解散・合併など、会社の基本的事項について、株式会社の意志を決定する最高機関です。これは定時に、または、臨時に開催されます。会社の解散や合併は別にしても、通常の総会で決める主なことは「株主の利益等に関する事項(配当その他)」です。つまり、株主にどれくらいの利益を配当するかも議決事項なのです。

経常利益と株主の変化

「もの言う株主の時代」がやってきた

かつて日本の上場企業は、グループ内の企業同士が株式をお互いに持ち合っていました。いわゆる「株式の持ち合い」です。ところが近年、企業グループの再編や新興企業の登場で、その持ち合いの解消が進みました。新たに株式を購入して大株主となったのは外国人株主や年金資金がかなり目立つようになっています。この新たな株主である外国人株主や年金資金は、今までの「おつきあい株主」と違って、独自判断で議決権を行使する例が増えてきています。経営側に対し、適正な経営方針を求めて意見を投げたり質問を突きつけたりするようになったということです。また、経営側にも株主の質問に積極的に答えるなど、オープンな総会を目指す動きが出始めています。

株主総会

インターネット投票も可能に

2002年の4月に商法が改正されてから、企業の総会にインターネットで参加することが可能になリました。電子メールでの招集通知送付と、Webページから議案の電子投票ができるようになったのです。議案への電子投票はWebサイトのアンケートの回答の方法と同じです。株主総会は、個人投資家にとっては直接経営陣から話を聞き、議決権を行使することができる数少ないチャンスです。しかし、総会開催日のほとんどが平日であるため、通常のサラリーマンは総会に出席することには困難が伴います。仮に出席できたとしても各社同日に集中している事が多く、複数企業の株主になっている場合には同時に参加することが出来ませんでした。ネット参加が可能になったことで、総会に出席できない株主の利便性は数段高まったことになります。また、ネットで議決権の行使の行使が可能になったことで、これまで経営に無関心だった一般株主の多くも、これからは総会に参加するようになっていくでしょう。

特典が受けられるのは、実際に出席した場合

最近はネットでも参加して議決権を行使できるようになった株主総会ですが、やはり実際に出席することには大きなメリットがあります。 実は、総会に出席すると商品の試食ができたり所属アーティストによるコンサートがあったりと、趣向を凝らした総会を開催する企業が増えているのです。個人株主のために休日に総会を開催する企業もあります。

こんな企業の総会を狙え

例えば、アサヒビールでは終了後に商品の展示試飲会を開催しています。発売直後や発売前の新商品を試飲できます。株主優待も充実しています。
エイベックス・グループ・ホールディングスでは終了後に所属アーティストによるライブを開催しています。株主優待でも、自社オリジナルグッズやCDのほか、抽選でイベントご招待があります(応募は1回限り)。株主になると、お気に入りのあのアーティストに年2回会えるチャンスが巡ってくるのです。
また、株主優待でも人気のあるカゴメは、個人株主づくりに力を入れていることでも知られています。株主総会ではありませんが、株主懇親会を毎年大々的に開催しています。試食・試飲コーナーあり、パネル展示や映像によるプレゼンテーションありで、同社の事業内容を楽しく知ることができます。

株のことなら証券.in > 株主総会に出席しよう