株のことなら証券.in > 株を「空売り」して大きく儲ける

株を「空売り」して大きく儲ける

信用取引っていったい何?

まず、株の取引には「現物取引」と「信用取引」があることはご存じかと思います。「現物取引」とは、証券会社の口座に入金した金額の範囲内で株を購入することができる通常の取引です。
これに対して「信用取引」は、証券会社に入金している金額(委託保証金)の3倍の額までの株式を買うことができる取引のことです。簡単に言うと100万円の資金で300万円分買うことが可能です。信用取引は資金に余裕が無い時や、あるいはある程度確実に値上がりの期待できる株を、自己資金以上に多く買いたい時などにも便利です。そして、信用取引を行うためには、証券会社に専用の口座を設ける必要があります。これには審査も必要です。
また、通常は4000円の印紙代がかかりますが、キャッシュバックのキャンペーンを行っている証券会社も多いので、そのあたりは十分に調べた方がいいでしょう。

信用取引はハイリスク・ハイリターン

信用取引なら「空売り」ができる

「信用取引」のもう一つのメリットは 「空売り」ができることです。
「空売り」とは、証券会社などから「株を借りて」売ることです。これは、株価の下落が予想できる場合に、ある株価で先に売り、株価が下がったところで買い戻すことで利益をあげるために行います。例えば、120万円の株を信用取引で「空売り」し、100万円で買い戻せば 20万円の利益を得ることができるわけです。
このように「空売り」を利用することによって、相場が下落している局面でも利益を上げることが可能になります。

空売り

「空売り」の仕組みとは

信用取引の「空売り」の場合は、借りる訳ですから貸株料、品貸料、品借料などと言われる逆日歩がかかります。
「他人の株を借りて売る」のですから、分かり易く言えば株を借りるためのレンタル料です。逆日歩は固定の料金ではなく変動するのでいくらになるかはわかりません。最高500円以上の株で1株につき2円、 1日10銭きざみで3円まで上げられます。この逆日歩が高くなり過ぎると、売り方は毎日高額の逆日歩が課されるため、これを嫌った売り方の買戻しが膨らんで、結果的に株価が上昇することもあります。

保証金が足りなくなると「追証」

信用取引は委託保証金の3倍の取引が出来るため、ハイリスク・ハイリターンです。株価が上昇する時は3倍の利益が出せますが、下降した時には損失も3倍です。特に信用取引の「空売り」の場合は、理論上損失に上限がありません。買いの場合は仮にその会社が倒産したとしても買った額だけの損失ですが、「空売り」は売った株の値がどこまでも上がれば、損失に上限は無く膨らみ続けるからです。

そして、信用取引において最も気を付けなければならないものが「追証」です。これは、「ついしょう」ではなく、「おいしょう」と読みます。追証は信用取引で損失が膨らんだ場合に、追加で入金しなければならない保証金のこと。追証が発生した場合、追証が発生した日を含めて3営業日(追証発生の翌々日)の正午までに、足らない分の委託保証金を差し入れなくてはなりません。ただ、これは証券会社によって多少の違いがあるので別途確認してください。もし不足分の保証金を納められない場合は、株主の意思と関係なく反対売買により強制決済とされ損失が確定してしまいます。

でっかく儲けるには、やはり信用取引

このようにリターンやメリットの多い信用取引は、株価の変動に不慣れな初心者は、ある程度の経験を積むまでは手を出さない方が良いかもしれません。特に「空売り」は損失が無限に膨らむ可能性があるので、かなりハイリスクです。
しかし、株価は上昇を予想することよりも下降を見通すことの方が容易だと考える専門家もいます。つまり、業績に比べて評価の低い株価を見つけるよりも、内容以上に高値がついている銘柄の方が見つけやすいからです。そういった株を見つけた場合は、やはり信用取引の「空売り」から入ることになります。

ここ20年、日本の株価は少し回復したと思ったらまた下落、というパターンを繰り返しています。株価下落局面で確実に利益を生み出す「空売り」は、これからの時代の株式投資にはぜひ取り入れてみたい手法のひとつです。

株のことなら証券.in > 株を「空売り」して大きく儲ける