株のことなら証券.in > 勝つためには?

勝ち組になるためには?

勝ち組になろう

勝ち組になるためには?一時的に儲けても、それはもちろんうれしいことですがそれだけでは勝ち組とは言えません。株式投資は、長く続けた人こそが勝ち組と呼べるのです。

なぜなら、投資を長く続けていくには、途中に失敗はあるとしても着実に儲かっていかなければならないからです。

大きく儲けることが目的ではなく、小さくとも確実に儲かり、長く続けていけるのが勝ち組なのです。

長く続ける秘訣 「損切り(ロスカット)」

では、株を長く続ける極意とは何でしょうか。それは、「失敗したときに早く見切りをつける」ことです。

株価は上がると思って買うわけですが、予想が外れて値下がりしてしまうこともあります。それ以上の損を出さないためには、株を手放さなければなりません。

これを「損切り」または「ロスカット」といいます。

損切りは悔しいものですが、ダメージを広げないための最適な投資判断です。これが決断できるかどうかが、株を長く続けるためには重要なポイントになるのです。

損切りに必要なこと

長く続けていくためには、「損切り」のタイミングが重要損切りにまず必要なのは、「失敗を早く認めること」です。これがなかなか難しいものです。

「また上がるはずだ」「予想が外れるわけがない」と、期待やプライドが邪魔をしてしまうのです。

期待やプライドは誰にでもあります。しかし、ここで早めに手を打たないと、ほとんどの場合更に値下がりして大損に繋がってしまうのです。投資に挫折するのは、大体この失敗が重なってしまった人です。

投資に「必ず」ということはありません。見込み違いや失敗はだれにでもあるのです。どんなに成功している人や、大投資家でも必ず一度は経験しているはずです。

逆に言えば、その失敗の経験から「失敗を早く認めること」を覚え、損切りが上手になっていったのです。
少しの損に気づいたら、なるべく早く損切りし、また次の株に眼を向けましょう。

失敗にすばやく気づいて仕切りなおせる人こそが、長く続けられる勝ち組なのです。株の取引には潔さも必要です。

株のことなら証券.in > 勝つためには?