株のことなら証券.in > 未公開株を買う

未公開株を買う

チャンスを生かせない有望ベンチャー

未公開株とは、証券取引所に上場あるいは日本証券業協会に店頭登録されている以外の株式を指します。日本では、多くのベンチャー企業経営者が、自己資金で会社を立ち上げた後、運転資金に行き詰まると銀行等の金融機関から借り入れを行います。しかし、まだ実績のないベンチャー企業へ融資することに難色を示す銀行が多いのも現実です。
有望なベンチャー企業がたとえどんなに優秀な人材、技能、事業計画があっても、資金調達は容易ではありません。チャンスを目の前にしながら、地団駄を踏んでいるケースが多々見られます。

アメリカに比べて遅れている未公開株流通

米国では、ピンクシートと呼ばれる未公開株の流通市場が古くから確立されています。多くのベンチャー企業などは、ピンクシートを通して投資家から直接資金を調達しています。ところが日本市場は上場基準がないグリーンシート市場がありますが、米国に比べるとまだまだ閉鎖的で情報量も不足しており、一部の人しかベンチャー企業への投資の機会がありません。

今後、市場は発展する

今、時代は間接金融から直接金融にシフトしつつあります。企業の資金調達はこれまでのように銀行からの融資によるのではなく、株券発行などによって投資家たちから直接資金を調達していく、という方法へ移行しつつあります。
今後益々、ベンチャー企業向け株式市場が活発化し、その後で業績を伸ばして上場する企業が増えていくものと予想できます。

ハイリスクだが、ハイリターン

まだ「怪しい」と考える人たちが多いのも事実です。実際、未公開株式を使った詐欺まがいの事件も起きています。したがって、こうした一部の認識を全面的に否定はできません。
未公開株式は、通常その企業の創業者、身内、社員、取引先などの縁故者、あるいは一部の富裕層かベンチャーキャピタルぐらいしか購入できるチャンスがありません。そういったものは、その後株式公開されれば大きくキャピタルゲイン(株式売却益)を得る可能性があります。ただしその反面、リスクも大きいことを忘れてはならないでしょう。欧米に比べ日本の個人投資家は自己責任原則が浸透していないのも市場の発展に遅れを取っている要因のひとつです。

ブローカーに頼らず、自ら冷静に判断を

未公開株投資は短期で売買し運用するのとは違い、数年間資産を寝かせておいても困らない余裕資金の範囲内で行うことが大切です。多くのブローカーは、人気や話題性があり、個人投資家に売りさばき易そうな未公開株式を探し出し、それらを転売して利益を得る事を目的としています。極端な話、顧客が損害を被ることを何ら気にしないスタンスがほとんどです。したがって、購入する場合は、高収益・高成長が期待出来るベンチャー企業かどうか、またその株価が適正かどうかを厳正に評価する必要があります。

基準価格はない

未公開株式は、原則として相対売買です。価格は売り手と買い手の意向で決まります。株を買った後に、それが異常に高い価格と気が付いたとしても、両者の間でキチンとした売買契約書が締結されていれば、それは買い手側の自己責任。

怪しい業者とは取引しない

マスコミで取り上げられている未公開株式販売に関わる詐欺グループの手口は悪質です。「必ず値上がりする」「近々上場する」「今なら特別に縁故に手に入ります」といった、営業の電話やDMが来たことはありませんか? 実は上場予定がまったくない未公開企業の株式を巧みな話術でウソを並べ立て、高額な値段で販売している業者が多いのも事実。
未公開株=有価証券を直接販売することは、証券業の登録が必要です。証券会社ではないのに継続して販売する場合は、証券取引法違反となります。

株のことなら証券.in > 未公開株を買う