株のことなら証券.in > 株式投資をミニ株から始めよう

株式投資をミニ株から始めよう

初心者に人気のあるミニ株

投資商品について

正式名称は「株式ミニ投資」。株式取引が可能となる最低必要株数である単元株の10分の1から取引が可能な低リスク商品で、株式取引の初心者に人気があります。株式取引に慣れるために、あるいは相場観を身に付けるためにスタートするビギナーも多いようです。ただ、取り扱うネット証券会社は、各社手数料が異なります。どのくらいの頻度で取引を行うかなど自分の投資スタイルを加味して、証券会社をお選びになるといいでしょう。

魅力とは

前述のように通常の10分の1から購入できる投資方法です。低予算で取引ができるので、リスク分散が可能です。特に若い女性の投資家や、お小遣い程度の額で株式投資を楽しみたい方にも向いています。また、本格的に株式投資を始める前の腕慣らしとしても始める初心者は多いようです。

少ない資金で売買できる!

最大の特長は、通常の10分の1の予算から投資可能なこと。投資額が少ない分、低リスクです。例えば単価500円の銘柄の単元株が1,000株だった場合、50万円からでしか取引を行うことができません。そして、実際の取引では更に売買手数料が上乗せされます。ところが、この銘柄がミニ株でも取引可能であれば、この10分の1、つまり5万円(プラス手数料)から取引が可能となります。このように投資額が少なくなる分、配当は減ります。しかし、自分が買いたい銘柄を低予算(予算内)で購入できる、という大きなメリットがあるのです。

分散投資ができる!

例えば株式投資に使える予算が100万円だったとします。単価1万円・単元株100株の銘柄を購入したい場合、手数料がかかるので予算オーバー。しかも1銘柄しか購入できません。さらに、株価が下がった時のリスクが高いため、いかにその銘柄が魅力的でも取引に踏み切るのは勇気がいります。ところが、大きな魅力は「分散投資がしやすい」ということ。同じ銘柄を10万円+手数料から取引可能となり、それ以外の複数銘柄に投資する資金的な余裕も生まれます。同じ予算内でも、複数銘柄に投資しやすいので「リスク分散できる」という大きなメリットが享受できるのです。

注意点は?

独特のルールがあり注意が必要なので、以下にその注意点を上げてみます。

指値注文ができない
売買は、注文を出した翌日の始値で取引
取り扱わない証券会社がある
対象外の銘柄がある
手数料が割高になる
株主優待などの特典を受けられない

ざっと読むと、デメリットの方が多いように思えます。ただし、ポイントさえ抑えておけば大丈夫です。初心者でも安心して株式投資できます。
例えば注文を出す際は取引時間の終了間際まで粘って行うと、注文時の株価と実際の売買価格にそれほどの差が生じることはほとんどありません。銘柄選びも、制限がある分かえって絞り込みがしやすくなります。また、手数料に関してはネット証券会社によって金額が違うので、手数料の安い会社を選ぶことも可能です。
基本的に初心者向けなので「予算が少ない」「リスクが怖い」、そんな理由から株式投資を躊躇している方に最適な低リスク商品です。通常の10分の1の予算で、しかもリスクを分散しながら投資ができる上に、株式取引のノウハウを身に付けるトレーニングにもなるのです。まさにビギナーに最適な投資スタイル。通常の10分の1から10分の9まで取引額を選択することが可能ですので、腕慣らしをしながら徐々に取引数を増やすという、取引拡大の段階を踏むことも可能。

まずは取り扱いのあるネット証券会社をチェックしてみましょう!

株のことなら証券.in > 株式投資をミニ株から始めよう