株のことなら証券.in > ミニ株手数料
ミニ株手数料で比較する!ミニ株とは取扱会社で売買ができる株式は、ある程度まとまった単位(大手であれば100株単位など)でしか取引ができないようになっております。しかし、株式投資にはミニ株投資というものがあり、このミニ株なら、株を売買単元の10分の1から取引できるようになっています。実はこれオフィシャルな制度ではなく、取扱会社が独自に開発・提供しているサービスです。ミニ株ができる証券会社とできない証券会社が存在するのです。ミニ株は翌日の寄り付きの値段で取引されるので、指値での注文はできません。追加で購入して単位株数に達した場合は、通常の単位株と同じ扱いになります。配当金や株式分割などは、持株数に応じて配分されるようになっています。株主優待については、証券会社が、その株主優待が換金できるものなら換金して株主に分配し、換金できないものなら抽選にしてプレゼントにする場合が多いです。ミニ株は、会社によっては取り扱いがない、また取り扱い数が少ない場合もありますので、ここでご紹介させていただいている中で検討してみてください。


株のことなら証券.in > ミニ株手数料