株のことなら証券.in > ミニ株とは?

ミニ株とは?

ミニ株って何?

ミニ株って何?「どうしても少額から株をはじめたい」という人には、「ミニ株取引」というものがあります。

ミニ株では、通常の10分の1の売買単価で取引することができます。

100株単位の株だと10株単位で取引できます。5千円×100株=50万円のものが、5千円×10株=5万円で取引できるようになります。

要するに、小口での取引が可能になるのです。(ただし、もともと1株単位の株は10分の1にできませんので、ミニ株取引はできません。)
通常の取引のお試し版、といったところです。少額での取引ができるので、初心者の方はミニ株からはじめてみるのもいいかもしれません。

しかし、通常の取引とは違いますので、さまざまな制限があります。

ミニ株取引の制限

ミニ株はあくまでも少額の取引なので、なかなか「儲ける」ことにはつながりにくいのが実情です。
ですから、いきなり大きな資金を投入するのが不安な人、まずは株式取引の雰囲気を体感してみたい人のためにあるようなものです。

ミニ株取引には以下のような制限があります。

取引開始時(寄り付き)の値段で取引される

ミニ株の取引では、注文した翌営業日の取引開始時(寄り付き)の値段で取引されます。つまり、取引中に注文しても、その時点の値段では売買することができないのです。

したがって、取引中の株価を見ながら注文する、という臨場感を味わうことはできません。

名義は証券会社になる

ミニ株の仕組みミニ株の名義は、投資する人ではなく証券会社の名義になります。

ミニ株は、証券会社が通常の売買単位で購入したものを投資家にバラ売りしているシステムなのです。

したがって、ミニ株の購入者には株主総会に出席する権利はありません。ただし、配当は保有株数に応じた金額が証券会社から分配されます。株主優待については、換金可能であれば分割した金額を受け取れる可能性があります。

こうしたことからも、ミニ株は初心者の「ならし運転」のようなものだとわかります。
ミニ株で株取引を体感したら、次は本格的な株取引を目指しましょう!

株のことなら証券.in > ミニ株とは?