株のことなら証券.in > 連続注文
連続注文のできる会社を比較しています。売買両方の設定しておくことで、1次注文が約定した時点でその反対となる2次注文を執行する方法です。例えば、買い(1次)をする際に、売り(2次)も同時(連続)に予約設定するなどです。現物取引の場合、買付を発注する時点で、買付により約定した株式の売却を設定することができるため、買付の約定状況を気にしたり、約定後に売却を発注する必要がありません。買いをする際に、売りも連続に予約設定することなどです。現物取引の場合は買付を発注する時点で、買付により約定した株式の売却を設定することが可能なので、買付の約定状況を気にかけたり、約定後に売却を発注する必要がないのがメリットです。現物取引(買付)、信用取引(新規)にご利用いただけます。

ライブスター証券連続注文あり
連続注文のできるライブスター証券
最低委託保証金
委託保証金率
手数料(現物)
詳細/申込
委託保証金は総建株代金の30%以上が必要。
30万円
84 円〜
ライブスター証券の詳細ライブスター証券の連続注文


株のことなら証券.in > 連続注文