株のことなら証券.in > ローソク足とは?

ローソク足とは

ローソク足とは

ローソク足とは「ローソク足」は、その名の通りローソクのような形をしています。
チャートをよくみると、このローソク足でできています。株価の動きを表すものなのです。

四本値

1本のローソク足で

  • 一定期間の始値(最初についた株価)
  • 高値(一番高かった株価)
  • 安値(一番安かった株価)
  • 終値(最後についた株価)

この4点がわかるようになっています。これらをまとめて「四本値」といいます。 1本のローソク値から、その期間の値動きの概要を知ることができます。

ローソク値の種類

ローソク値は、期間によって種類が分かれます。

  • 1日の四本値を表したローソク値を「日足」
  • 週単位のものを「週足」
  • 月単位のものを「月足」
  • その日の取引時間内の動きを表す「日中足」

このように呼びます。

ローソク値の色

ローソク値には色もあります。

  • 終値が、始値よりも高ければ「白」 → 「陽線」と呼びます
  • 終値が、始値よりも安ければ「黒」 → 「陰線」と呼びます

※インターネットなど、カラーの媒体では色がついている場合もあります。

上下の線は何?

始値と終値は繋いで四角く囲み、ここを「柱」と呼びます。
高値や安値が、始値や終値よりも安い(又は高い)場合はその株価と柱を線で結びます。この線を「ヒゲ」といいます。

ローソク足の見方

ローソク足の見方

結果だけを見ると、「白い(株価が上がった)長い(たくさん上がった)ローソクがうれしい!」ということになります。逆に「黒い(下がった)長い(たくさん下がった)ローソクはうれしくない」ということになります。
しかし、株の動きはそんなに簡単ではありません。

ヒゲに注目

たとえ白いローソクでも、上にヒゲがあるのは要注意です。「終値が、最高値よりも低い」ことを指すからです。「開始よりも上がったけど、最後は少し下がった」ことを指します。

逆に黒いローソクに下ヒゲがある場合は、あまり悲観しなくてもいいのです。「開始よりも下がったけど、最後は少し上がった」ことを指します。下ヒゲが長いほど、株価が切り返す可能性も高いのです。
「ヒゲ」は、始値や終値には現れない「株価のうねり」を読み取るサインです。

この他にも、ローソク足からはさまざまな情報が得られます。基本を見ることに慣れたらどんどん勉強してみましょう!

株のことなら証券.in > ローソク足とは?