株のことなら証券.in > 「仕手株」、「仕手筋」って何?

「仕手株」、「仕手筋」って何?

「仕手株」「仕手筋」、そして「本尊」とは

仕手とは、ある程度大口の資金を持ったグループや個人が意図的に株価を操作して、それによる差益(売買益)を狙う株式取引のことを指します。仕手株とは、その際売買の対象となった株式のことです。
そして、これを売買する集団は「仕手筋」と呼ばれています。さらに、ひとつの銘柄に複数の仕手筋が絡んで仕手を繰り広げている場合、その中心的な集団を「本尊(ほんぞん)」と称したりします。

典型的なチャート

仕手株となる銘柄とは

銘柄には、優良企業がなるケースはほとんどありません。むしろ問題がありそうな企業の株式がよくねらわれます。あるいは不人気の銘柄で比較的取引量が多いものや浮動株の割合が高い銘柄もなりやすい傾向にあります。
仕手筋が株価を吊り上げてり利益を狙う場合は、ある一定のパターンがあります。ま最初は、あまり人気が無い間にすこしずつ株式を買い集めていきます。あとで売却して利益をあげるための株式で安値のうちに買い集めるのです。その後、十分な玉(株式数)が集まった段階で、一気に大口の買いを入れます。こうなると、当然のことながら株価は急激に上昇し、売買高も大きくなります。毎日発表される売買高や値上がり株のランキング情報などにも、その銘柄が上がってくるようになります。
そうなると、一般の個人投資家から提灯買い(ちょうちんがい)とよばれる、仕手目銘柄への追随的な買いが入り、ますますその銘柄の取引が活発となります。こういった過程を経て、その売買が活況となり、十分に値が上がった段階で、仕手の本尊は手じまいに入ります。徐々にこれまで買ってきた株式を売りに入るのです。それで十分に利益が確保できる、という仕組みなのです。

本当に儲かるのか?

確かに、上記のようなシナリオがきれいに決まると、仕手筋は大きな利益を得ます。しかし、いつも必ずうまくいくとは限りません。シナリオ通り、人気のない時期にターゲット銘柄を買い集められたとします。そして、値を吊り上げるために一気に買いあがろうとしたときに、思うように株価が上昇しないことだってあるのです。また、仮にうまく株価が吊りあがったとしても、提灯買いが伴わないこともありえます。そうなると、思うように株を売ることができません。自らの売りで株価を押し下げてしまうこともよくあることです。
このほか、別の仕手筋が買い集めている仕手株をターゲットに「売り」で参入。「売り」と「買い」が激しくぶつかりあう合戦に入るような場合もあります。たとえば、別の仕手筋が買い集めている株式について、大口の売りを出して株価を吊り下げます。そして、相手のが株式を持ち続けることができずに、売りに出して株価が下がったところで買い戻して大きな利益を得る、といった手法です。

「仕手株には手を出すな」が原則

結論から言うと、個人投資家は手を出すべきではありません。いってみればババ抜きのようなもの。仕手は基本的に、強力な買い注文によって一時的に需給の状態を変化させることで「株価の吊り上げ」ているだけです。つまり、需要の実態を伴わない高値へと株価が変動するだけですので、いずれは上がった分だけ下降します。つまり購入するということは、壮大なスケールのババ抜きに参加するようなもの。株価が下がる以上、必ず誰かが損をするゲームなのです。「自分は上手いこと切り抜けてみせる!」という方もいるでしょうが、基本的に個人投資家は参加しないのが賢明であることはいうまでもありません。

「仕手筋」って本当は誰?

仕手筋は、よく「○○グループ」といった呼ばれ方をしています。古くから株式投資の仕手グループとして資金を蓄積している集団がいくつか存在するのは確かなようです。このほかにも、大口のファンドやインターネット上でのグループなどが仕掛けることもあるようです。また近年では、仕手筋不在の仕手株というものも存在します。これは、インターネットにおける個人投資家の買いなどがなんらかの原因で集まってしまうこと。ネット上で「仕手が介入している」と話題になり、自然に勝手に提灯買いが発生。「本尊」がいないのに株価が上がっていく現象を指しています。

株のことなら証券.in > 「仕手株」、「仕手筋」って何?