株のことなら証券.in > 投資資金は?

投資する資金は?

株取引にはいくらぐらい必要か

30万〜50万円くらいあれば、大体の株を買うことができます。

ネット証券では30万〜50万円くらいあれば、大体の株を買うことができます。もちろん、もっと大きい金額を投じれば成功したときの利益も大きくなります。

株式投資にかけられる金額はまさに人それぞれです。失敗するリスクもありますので、大きな投資には慎重になる人も多いでしょう。

ただし、ある程度の資金で投資をしないと、株式投資をする意味が薄い、ということも事実です。実際に株をはじめてみると分かりますが、投資額が少ないと儲けはやはり少ないのです。

慎重に、ほんの少しだけ投資をするというのも大切ですが、裏を返せば儲けを逃がしているということにもなるのです。少額の投資ならリスクが少ない、というのは事実ですが、株で大きく儲けようと思うのであれば、リスクを引き受ける覚悟も必要なのです。

実際、株式投資は資金が多ければ多いほど有利になります。十分な資金を準備しておけば、買いたいと思ったときにすぐに購入することができます。一つに絞らずに、複数の銘柄を買うこともできます。

そして、資金が大きい人は「損すること」に敏感になります。買った株が値下がりしてしまったとき、見切りを早くつけようとします。結果として大きく儲けるチャンスが広がるだけでなく、失敗を抑えることにも繋がるのです。

売買単位

売買単位実際に取引する株の金額は、「いくらの株を」「いくつ買うのか」ということで決まります。

この、(一株あたりの金額×買う数)+手数料=実際にかかる金額 になります。

この「いくつ買うのか」という部分は、1株、1000株など企業によって購入単位が決まっています。これを「売買単位」といいます。

例えば10万円の株があったとして、売買単位が1株であれば最低10万円(+手数料)が必要になり、売買単位が10株であれば100万円(+手数料)が必要ということになります。

一株あたりの金額は、数万円〜数百万円までさまざまです。スターバックスコーヒーの株は、なんと1株約3万円です。

株のことなら証券.in > 投資資金は?