株のことなら証券.in > 信用取引とは?

信用取引とは?

信用取引って何?

「信用取引」とは、証券会社に担保金を預けることによって、手持ちの資金以上の投資を行う取引方法です。
信用取引では担保金のおよそ3倍の取引が可能になります。50万円預けた場合は、150万円の取引が可能になる、ということです。

信用取引で株を買う場合は、証券会社にお金を借りることになりますので、金利もつきます。要するに証券会社に信用の上に、資本を借りて株を買う、ということなのです。
通常の3倍の取引ですので、利益が出たときには、その利益も3倍ということです。しかし、逆に下がってしまうとその分、損も3倍ということです。

つまり、信用取引は「ハイリスク・ハイリターンな取引」なのです。

信用取引の画像

信用取引が有効なケース

ただし、一概にハイリスク・ハイリターンとも言い切れない場合もあります。
例えば「お金を定期預金に入れているが、解約せずに運用したい」という場合です。

仮に300万円の定期預金を持っていたとします。
このまま株を買おうとすると、その定期預金を解約しなくてはなりません。それではせっかくの定期預金がもったいない!という場合には信用取引にメリットがあります。
そんなときは定期預金以外から、担保金を捻出し、定期預金の範囲内で信用取引を行うのです。
仮に何かあったとしても、いざというときには定期預金の300万円があるのですから、その範囲内であれば、現実的にはそれほどハイリスクな投資にはならないということです。
定期預金は預けたまま、同等の金額を投資に運用できると考えられるのです。

このように、運用方法さえ間違わなければ単純にハイリスク・ハイリターンとも言い切れない部分もあります。
信用取引を上手に活用している投資家もたくさんいます。

売りから入れる

信用取引は「売り」から入ることもできます。担保金を元に株を証券会社から借り、それを売ることから取引を始められるのです。
高いときに売り始め、下がったときに買い戻すと、はじめに売った金額との差額を得ることができます。
これを「カラ売り」といいます。もちろん借りた分は必ず返します。

信用取引は売りから
株のことなら証券.in > 信用取引とは?