株のことなら証券.in > 1万円から始める株式投資信託

1万円から始める株式投資信託

1万円から始められる「株式投資」があった

「株を買いたいけれど1万円では無理だよね」なんて思っている人にも、株式同様の投資が行えるのが投資信託。多くの人からお金を集めて大きなファンド(基金)にして、それを国内・国外の株や債券に投資するものです。これは、そのほとんどが一口1万円から買えます。まさに株のビギナーにうってつけの商品だといえます。
なによりも、個人投資家が自らの資金を分散しようと考えても、まずは相応の資金ボリュームが必要になります。したがって、小口ではリスクヘッジが難しいのが現実。しかし、この方法なら、小口でも全体の運用資金は大きいので分散することが可能。そういった理由から、ビギナー向きと言われています。

直接株を買うこととの違いは?

投資を始める人が自分で銘柄を選ぶのはなかなか難しいもの。誰もが知っているような有名な銘柄はすでにしっかり買われていて、高値になっているケースが多いもの。これ以上の大幅な値上がりは見込みにくいところにあります。でも、内容がいいのに割安のままの銘柄もたくさんあります。
投資信託はプロの運用者がこういった銘柄を選定し、組み合わせて運用するものです。ほとんどは、優良な割安銘柄を組み入れて、やがては全体の価格が上がっていくことを目指しています。

ノーロードのものを狙う

投資信託は、事実上の銘柄選びをプロに任せます。また、買う場合は証券会社や銀行などに購入の手数料を、運用・管理する会社に信託報酬を払います。手数料は投信を買うときに1回払うだけですが、信託報酬は毎年払うことになります。
しかし、ノーロードというネット証券を中心に増えている手数料がいらないタイプのものもあります。これを選べば、購入時の手数料は0円で買えます。こういうものをネットなどで上手に探して利用するのがお勧めです。

分散でリスクを抑えられるメリット

1万円といわずに、いっそ10万円から始めてみようと思っている人も多いかと思います。ただ、同じ商品に全額投資をするのはやめたほうがいいでしょう。リスクを避けるためには分散投資をするべきです。

まず、国内の株なら値下がりリスク、外国の株や債券なら為替変動リスクがあります。したがって、投資信託そのものにも値下がりのリスクはあります。だからこそ、いろいろなものに分散することでリスクヘッジすることが大切なのです。
例えば、日本株に20%、債券に20%、外国の株に20%、債券に20%、その他に20%という5分割の組み合わせです。こ0万円の資金で日本株を2万円、債券を2万円といった具合に分散するのです。もし仮に日本株だけに100%投資してしまうと、暴落になると目も当てられません。しかし分散していれば資産の一部の被害で済みます。額が大きくなった時、他の種類のファンドに投資すればさらにリスクは軽減されます。大切なのは、こうしたバランス感覚なのです。
また、「買ったけれど後はプロにお任せ」というのではなく、社会や経済とその投資信託がどう関係して動くのかなどを考えるようにすれば、選び方も上達していくはずです。

何百億のファンドに小口で参加

投資信託は、そのファンドが何百億であっても、一口1万円からの資金で成り立っています。小さな川の流れが集まってダムになれば、大規模な発電や潅漑に使えます。一口1万円の少額資金でも、集まって数百億円までになれば、外国を舞台にしたスケールの大きい事業にも投資ができるのです。しかも、プロの投資家によって分散投資されるということは、それだけリスクの回避ができるということでもあります。順調にファンドが利益を上げてファンド自体の価格が上がっていけば、利益分が増えて償還金が戻るし、途中で分配金が支払われることもあります。

株のことなら証券.in > 1万円から始める株式投資信託